2007年03月27日

JWMの使い心地

JWMがすっかり気に入ってしまい、ついにデフォルトのデスクトップ環境に設定してしまった。正確にはJWM+nautilusというべき変則デスクトップ環境である。軽さと使い易さの両方を兼ね備えていると感じている。GnomeやXfceと比べてできることはかなり少なくなっているが、私の日常の使用で少しの不便を感じる主な「できないこと」は、次のようになる。 ・ツールバー(パネル)に配置できるアプレットがほとんどない。
 ・「最近使ったファイル」の項目がない。
 ・各種環境設定をするユーティリティがない。
 ・終了オプションがない。
 ・仮想デスクトップの配置と移動が少しだけ使いにくい。これらのマイナス面があるわけだが、少し詳しく見ると、こんなふうになる。まず「パネルのアプレット」だが、GnomeやXfceで使っていた主なものは、メニューと時計と使用中のアプリの一覧とデスクトップ切替器(これらはJWMもある)に加え、スクリーンショット、通知スペース(ここに入力メソッドと電源の管理が表示される)、音量の変更、強制終了などだった。このうち、入力メソッドの切替えと音量の変更はキーボードのショートカットで対応している。時計は簡単なもので時刻の調整などの機能がついていないが(Xfceでもこれが使いにくくてわざわざGnomeのものに変えていた)、Ubuntuを使いはじめて初めて時計が狂わなくなって、時刻の調整の必要がなくなってしまった。時計が狂う原因は、どうやらメモリの過剰使用だったらしい。強制終了は、ウィンドウの右クリックでできるので、かえってXfceやGnomeよりも使いやすい。ということで、電源の管理が見えないのだけが、現在のところどうしようもない問題。「各種環境設定のユーティリティ」は、実際にはもう既にGnomeやXfceでほとんどの設定がおわっているため、いまさら起動する必要もないので不便ではない。ただ、設定を変えたくなったら別環境に戻らないといけないのは不便だろうなとは思う。とりあえずは問題になっていない。「仮想デスクトップの配置」は、些細なことではあるけれど、私の使いかたではけっこう重要なことになってくる。私は4つの仮想デスクトップを2行に(つまり田の字の形に)配置して、キーボードのショートカットで「上、下、右、左」と切替えて使う。これがけっこう便利で、Ubuntuに変えてからすっかり馴染んでしまった。ところが、JWMではこれが1行に並んでいるだけ。キーボードのショートカットは追加することができたが、順に切替えていくしかない。これはちょっとだけ不便を感じている。ただ、切替えでリドローに時間を潰さなくなったので、その分はむしろ使い易くなったかもしれない。「最近使ったファイル」や「終了オプション」も、些細なことだけれど、使用感にはけっこう影響する。これら以外には、特に問題を感じない。アプリケーションの中にはいってしまえばGnomeもXfceもJWMもないのだから、あたりまえといえばあたりまえだろう。そしてメリットは、何より早さだ。それから、xfceとちがってnautilusを使っているので、デスクトップ上のファイルの配置や自分のWebsiteへのファイルのアップロードなどの面でXfce以上の使い勝手がある。デスクトップの外見もGnomeで設定したそのままを引き継いでいるので、無愛想なものではない。たぶん各種設定なんかはGnomeのツールを使えるだろうから、メニューの項目さえ増やせば上記の問題もかなり解決するような気がする。そこまで踏み込んだらコマンドの世界だろうから行かないけれど、意外とこの組合せでJubuntuをリリースしたら低スペックマシンの低スペックユーザーには福音かもしれない。Jubuntu(?)にするためには設定ファイルをいじる必要があったのだが、その話は次回にでも。
posted by 松本 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | MacintoshでUbuntu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする