2007年03月08日

やっぱりGnomeか?

いまのところサイト管理その他の必要性からftpでネット接続する必要がないのでどうでもいいことといえばどうでもいいのだが、Xfceのファイルマネージャー(つまりはアイコンをダブルクリックして開くウィンドウ)であるThunarではネットワークを開くことができないという話をどこかで読んだ。Ubuntuで感動したのは、以前に書いたことだが、デスクトップのフォルダを開くのと同じ感覚でサーバー上のフォルダやファイルを開くことができることである。これはつまり、ファイルマネージャーであるnautilusがftpなどのネットワークに対応しているからということだった。それがThunarではできないのか? 気になってちょっとさわってみたが、確かにどこをどうすれば接続できるのかわからない。Ubuntuだったらパネルの「場所」のところから「ネットワーク接続」までプルダウンすればそれで済む。それがThunarではわからない。できるのかもしれないが、私のようなGUIしかわからない人間には見つけることができない。「やっぱりXfceは無理があるのかなあ」とおもってあちこち見ていたら、Xfceメニューの「アクセサリー」の項に「コンピュータ」とか「ホーム・フォルダ」とか、Ubuntuの「場所」に入っていたアイコンが入っている。そこに行ってみたら、見慣れた画面。御無沙汰でした、nautilusです。となれば、nautilusのツールバーの「移動」から「ネットワーク」に行くだけで、既に作ってあった自分のWebサーバーへのショートカットが現れる。パスワードを入力すれば、ちゃんと接続できる。これはやっぱり簡単だ。Xfceでも問題なくネットワークへの接続ができると喜んだが、よく考えたらnautilusはGnomeのファイルマネージャーだ。Thunarじゃダメでnautilusならっていうのは、結局XfceよりもGnomeってことじゃないのか?Xfce環境にしながら肝心のところでGnomeっていうんじゃ、あんまりメリットないよなと考え込んでしまう。いまのところ、ネズミ以外にxfceの気に入ったところもあんまり出てきていないのだし。
posted by 松本 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | MacintoshでUbuntu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする